風邪をひきにくくするには?

2018年03月9日

こんにちは!

深谷市(花園)、ろっぽんぎ整骨院の六本木です。

 

3月に入り、暖かい日が増えてきましたね。

でも、朝晩はまだ肌寒いです。

寒暖差が激しい今の時期は、

風邪をひきやすい時期でもあります。

 

免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなると言われていますが、

普段、シャワーで済ませていたり、食事が不規則だったり、

朝スッキリ起きられなかったりしませんか?

体温が35度台の人も注意が必要です。

 

そこで!

風邪をひきにくくするにはどうしたらよいのか(。-_-。)

 

①加湿と換気

室内には屋外に比べ倍も空気が汚染されていると言われています。

またウイルスは乾いた空気を好むので湿度が50%程度になるように調節をしてください!

②3つの首(手首・足首・首)を温める

熱が逃げやすい部分をしっかり温めることで風邪を予防できます。

外出時には頭や足先も温めましょう!

③腸内環境を整える

人間の免疫細胞の70%は腸にあります。便秘や下痢を繰り返すと免疫が低下するのは

そのためです。納豆、キムチ、ヨーグルト等の発酵食品をとって腸内環境を整えましょう!

④水を飲む

鼻や喉、気管支の内側には、

ウイルスの侵入を防いでくれる「線毛細胞」という細胞があります。

この線毛細胞を元気な状態にするためには、「乾燥」を防ぐことが大切です。

水分を補給して身体の中から潤いましょう!

 

これらのことに注意して、風邪をひきにくい身体を目指しましょう(^O^)/

 

以上、ろっぽんぎ整骨院でした!!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加