こどもの骨盤

2017年11月28日

こんにちは!

ろっぽんぎ整骨院の六本木です(^^)/

 

今日は子供の骨盤について話していきたいと思います!

まず子供の骨や関節は固定されておらずユルイ状態。

身体の成長とともに骨や関節も固定され、成長していくため、

バランスが悪い状態で成長していくと、痛みや違和感の原因になる可能性が高くなります。

骨盤が歪んだまま成長をすると、体幹が安定しないだけでなく、筋肉の柔軟性も低下しがち。

結果、運動のパフォーマンスの低下ということになります。さらに筋肉が固くなり、柔軟性の低下により、オスグッド痛など成長痛の原因の一つになります。

 

骨盤の歪みによる足の長さの違いが、

1回の骨盤矯正でここまで変わります!!

 

骨の成長は個人差もありますが、一般的に20歳前後で完成するといわれています。

成長期に体の土台となる骨盤の歪みを整えておくことで、運動のパフォーマンスの向上や

成人後の体の不調を防ぐことができます。

 

ろっぽんぎ整骨院の骨盤矯正の技術で、運動を頑張る子供達、

それを応援する親御さん達の手助けができればと思います。

運動のパフォーマンス向上の為の筋力のバランスの調整、骨盤矯正

その他あらゆる痛みは、深谷市(花園)、寄居町、ろっぽんぎ整骨院までご相談ください( ˘ω˘ )

 

このエントリーをはてなブックマークに追加