手首の外側の痛み(TFCC損傷)

2018年04月16日

こんにちは!

深谷市、ろっぽんぎ整骨院です。

 

今日は、手首の外側の痛み(TFCC損傷)についてお話ししていきます。

当院でも、手首を痛めて来院される方の中には、この症状の方が多いです。

 

TFCCとは三角線維軟骨複合体のことで、

6つの靭帯と関節円板によって構成されています。

それぞれの部分が役割を果たすことにより、安定性を保ち

手首を支えて、手首の外側の衝撃吸収作用を行っています。

なので、円滑な手首の運動ができ、握りしめた力は手首を通り、腕へと伝達されるのです。

 

ところが、それぞれの靭帯や関節円板が損傷してしまうと、手首の外側に指示部分が損なわれてしまい、手に力が入りにくかったり、手首を外側に返すと痛みが生じたりします。

 

そうすると手首の痛みに加え

・手首を返す動作に制限がかかる

・握力の低下

といった、症状がでてきます。

 

その原因は、転倒時に小指側に体重がかかるような着地や運転中の衝突を手で受け止めてしまう、手首を反らせた状態で力を入れる動作を頻繁に繰り返すなどがあげられます。

なので、テニスやバドミントン、ゴルフなどスポーツ選手に多くみられるとされているのです。

 

治療は、まずアイシングと固定です。

TFCC部分の炎症を抑えて、痛みが出ないように保護をしてあげます。

そして、痛みがおさまってくれば必要に応じてリハビリをいれていきます。

手首の動きに関係してくる、腕の筋肉のトレーニングやストレッチが

痛みを繰り返さないためには重要になってきます。

この症状で悩まれている方は多いと思います。

少しでも痛みが長引いてるなと感じたら、まずはろっぽんぎ整骨院までご相談ください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

自慢の湿布!

2017年11月9日

こんにちは(‘ω’)!

 

立冬を迎え、暦の上では冬になりましたね!

風がさらに冷たく感じ、冬支度を済ませた方も多いのではないでしょうか。

 

さて、今日は当院で手作りしている湿布のご紹介です( ˘ω˘ )

湿布というと、白い冷湿布やロキソニン湿布、温湿布が一般的に知られています。

 

温湿布と冷湿布どっちを貼ればいいの?

と良く質問されます。どっちを貼ればいいかわからないですよね(・o・)

 

基本的に慢性の痛み、肩こり、腰痛、神経痛などの慢性的な痛みに対しては

温湿布。

急性の痛み、足首を捻った(捻挫)手をぶつけた(打撲)走ったら太ももが痛くなった(肉離れ)

など、炎症が強い場合には冷湿布。

そこで、急性症状に良く効く、ろっぽんぎ整骨院自慢の冷シップ(^^)/

 

普通の湿布よりも熱の吸収が良く、炎症を抑える効果が高いです。

テーピングの上からも貼れるし、本当に良く効く!!!

1枚、1枚気持ちを込めて手作りです(*^-^*)

 

捻挫、打撲、肉離れでお困りの方は

深谷市花園、寄居町、ろっぽんぎ整骨院までお気軽にご相談ください(*^^*)

 

スポーツ外傷についてはこちらをご覧ください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

かかとの痛み(シーバー病)

2017年11月2日

こんにちは!

ろっぽんぎ整骨院、院長の六本木です(^^)/

今日は、最近多い疾患、シーバー病についてお話ししようと思います!!

シーバー病(踵骨骨端症)とは、小中学生に多く起こるかかとの痛みのことです。

 

持久走大会も近くなり、走ることが多くなるこの時期、小中学生が「先生かかとが痛い(>_<)」と来院されます。

小中学生の骨はまだ発達の途中で柔らかく硬い地面の上を走る事によって、繰り返しかかとに衝撃が加わります。その繰り返しの力によって、かかとの柔らかい骨に炎症が起こります。

私自身も経験がありとても痛く、歩く時には足を引きずる程でした。

痛い気持ちが分かるなぁ(T_T)

 

そんな時、ろっぽんぎ整骨院ではどんな治療をするかというと・・・

炎症が強く、熱をもっているときは、冷湿布などでアイシング!

炎症が落ち着いているときには、ふくらはぎや足裏の筋肉を柔らかくする為にマッサージ、ストレッチ!!特殊電気(ハイボルテージ)で痛みをとることもできますよ!(^^)!

痛いけど数日後には走らないといけないという時には、得意のテーピングを貼ります(^^)/

これが結構効く!!!

ということで、最近多い小中学生のかかとの痛みについて、少し話をさせていただきました。

 

深谷市(花園)、寄居町で小中学生のかかとの痛みなら、ろっぽんぎ整骨院にご相談ください!!

スポーツ障害についてはこちらへ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

足首の捻挫

2017年09月26日

 

おはようございます。

ろっぽんぎ整骨院、院長の六本木です!!

朝晩、涼しくなり秋らしい気候になりましたね( ˘ω˘ )

季節の変わり目で、お体の不調は出ていませんか??

 

話は変わりますが、秋と言えば運動会、体育祭!!!

先日、私も花園町民体育祭に参加してきて全身筋肉痛(・o・)

最近、運動会や体育祭の練習などで、ケガをされる学生さんたちが増えています。

その中で多いのが、足首の捻挫(ネンザ)

今日は足首の捻挫について少し話していきたいと思います。

 

捻挫とは、簡単に言うと靭帯を伸ばしてしまうことです。

足首は外側より内側への動きが多いため、圧倒的に内側(内返し)捻挫が多くなります。

捻挫を起こすと、腫れ、痛み、内出血などの症状が出てきます。

ろっぽんぎ整骨院では、痛めた当初、特殊電気治療、テーピング固定、冷シップを施し、

炎症が早くなくなる治療をしていきます。

痛みや、腫れが落ち着いてきたらリハビリ!!

捻挫の治療は、炎症が落ち着いてきてからが本番だと私は思っています。

なぜなら、痛めた靭帯が治る際に、関節が固まって治っていきます。

痛みがなくなったからこのままでいいや、と放置しておくと、関節が固まったままで足首の動きが悪いまま治っているので、少し足首をくじくとまたすぐに捻挫をしてしまうのです。

そのように捻挫を癖にしないためにも炎症が落ち着いた後のリハビリが重要になってくるのです。

ろっぽんぎ整骨院でのリハビリは、

まず患部に特殊電気治療をして、マッサージ、可動域(動く範囲)を広げるために足首を動かしていきます。痛めていない足首と柔らかさが同じくらいになったら、治療は卒業!!としています。

 

スポーツなどで関節を痛めたり、肉離れなどで困っている方、

深谷市花園、ろっぽんぎ整骨院までご相談ください(*´ω`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い時期、肉離れになる前に・・・

2017年07月25日

こんにちは!

今日は、

最近治療に診える患者様の中で多い外傷

肉離れについてです(‘ω’)

 

梅雨が明け本格的な夏がやってきましたが、

梅雨時期から雨も少なくずっと暑い日が続いていましたよね。

そんな日は、エアコンの中にずっといたり、

暑いから夜はシャワーですませたり・・・

これを繰り返していると

身体の芯が冷えて筋肉が固くなってしまいます!

 

そして、その状態を放っておくと

いざ運動を始めた時に、肉離れや捻挫を起こしやすくしてしまうのです。

 

そんな方は、

水分補給をこまめにして、

暑い日でも湯船にお湯をはり、

エアコンで冷えた身体を温めてあげてください( ˘ω˘ )

これだけでも、肉離れになる確率はぐんっと下がります!

 

お湯につかるメリットは他にもあります。

日中出るはずだった汗がエアコンによって抑えられ、身体に水分が溜まって

だるくなり、なんとなく重い感じってあると思います。

そんな時は、是非お湯につかってください!

次の日の朝に違いがわかりますよ(^^)/

お試しください!

 

それでも、痛みがでてしまったり、肉離れになってしまったときには、

深谷市花園、ろっぽんぎ整骨院までご相談ください(”◇”)ゞ

このエントリーをはてなブックマークに追加