足首の捻挫

2017年09月26日

 

おはようございます。

ろっぽんぎ整骨院、院長の六本木です!!

朝晩、涼しくなり秋らしい気候になりましたね( ˘ω˘ )

季節の変わり目で、お体の不調は出ていませんか??

 

話は変わりますが、秋と言えば運動会、体育祭!!!

先日、私も花園町民体育祭に参加してきて全身筋肉痛(・o・)

最近、運動会や体育祭の練習などで、ケガをされる学生さんたちが増えています。

その中で多いのが、足首の捻挫(ネンザ)

今日は足首の捻挫について少し話していきたいと思います。

 

捻挫とは、簡単に言うと靭帯を伸ばしてしまうことです。

足首は外側より内側への動きが多いため、圧倒的に内側(内返し)捻挫が多くなります。

捻挫を起こすと、腫れ、痛み、内出血などの症状が出てきます。

ろっぽんぎ整骨院では、痛めた当初、特殊電気治療、テーピング固定、冷シップを施し、

炎症が早くなくなる治療をしていきます。

痛みや、腫れが落ち着いてきたらリハビリ!!

捻挫の治療は、炎症が落ち着いてきてからが本番だと私は思っています。

なぜなら、痛めた靭帯が治る際に、関節が固まって治っていきます。

痛みがなくなったからこのままでいいや、と放置しておくと、関節が固まったままで足首の動きが悪いまま治っているので、少し足首をくじくとまたすぐに捻挫をしてしまうのです。

そのように捻挫を癖にしないためにも炎症が落ち着いた後のリハビリが重要になってくるのです。

ろっぽんぎ整骨院でのリハビリは、

まず患部に特殊電気治療をして、マッサージ、可動域(動く範囲)を広げるために足首を動かしていきます。痛めていない足首と柔らかさが同じくらいになったら、治療は卒業!!としています。

 

スポーツなどで関節を痛めたり、肉離れなどで困っている方、

深谷市花園、ろっぽんぎ整骨院までご相談ください(*´ω`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加