自慢の湿布!

2017年11月9日

こんにちは(‘ω’)!

 

立冬を迎え、暦の上では冬になりましたね!

風がさらに冷たく感じ、冬支度を済ませた方も多いのではないでしょうか。

 

さて、今日は当院で手作りしている湿布のご紹介です( ˘ω˘ )

湿布というと、白い冷湿布やロキソニン湿布、温湿布が一般的に知られています。

 

温湿布と冷湿布どっちを貼ればいいの?

と良く質問されます。どっちを貼ればいいかわからないですよね(・o・)

 

基本的に慢性の痛み、肩こり、腰痛、神経痛などの慢性的な痛みに対しては

温湿布。

急性の痛み、足首を捻った(捻挫)手をぶつけた(打撲)走ったら太ももが痛くなった(肉離れ)

など、炎症が強い場合には冷湿布。

そこで、急性症状に良く効く、ろっぽんぎ整骨院自慢の冷シップ(^^)/

 

普通の湿布よりも熱の吸収が良く、炎症を抑える効果が高いです。

テーピングの上からも貼れるし、本当に良く効く!!!

1枚、1枚気持ちを込めて手作りです(*^-^*)

 

捻挫、打撲、肉離れでお困りの方は

深谷市花園、寄居町、ろっぽんぎ整骨院までお気軽にご相談ください(*^^*)

 

スポーツ外傷についてはこちらをご覧ください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加